小学校 座れない 病気

小学生になっても授業中座っていられない。それは病気?

子供,ADHD,サプリ,コドミン,小学校,座れない,病気

 

小学校に入学すると今までの幼稚園や保育園の集団生活と違い、今度は集団行動になってきます。

 

そして小学校にあがると今までとは違い席にきちんと座り、授業で先生の話をきちんと聞きながら1時間弱を過ごさなければなりません。

 

しかし大抵1年生でもきちんと伝えれば出来るようになってくる年齢です。

 

 

しかし授業中席に座っていられない、先生の話を聞けない、落ち着きがない、すぐ怒りだし癇癪を起こしてしまうなどの問題行動はADHD(注意欠陥、多動性障害)かもしれません。

 

現在ADHD(注意欠陥、多動性障害)は学童期では3〜5%の確率で現れ、女児より男児に多くみられるようです。

 

大体の男女比は3〜5対1の割合のようです。

 

 

ADHD(注意欠陥、多動性障害)は3つの症状の特徴に分けられます。

 

@不注意

 

  • 忘れ物が多い。
  • 何かやりかけて忘れてしまう。
  • 集中力がない
  • こだわりが強い
  • 片付けができない
  • 注意散漫
  • 物をすぐ失くす

 

A多動性

 

  • 落ち着きがない
  • 座っていられない
  • 急に大きな声を出す

 

B衝動性

 

  • ルールを守れない
  • 癇癪を起こす
  • 思いついたことをすぐしゃべる
  • 協調性がない

 

 

以上の3つの症状が挙げられます。

 

 

授業中座っていられないだけでADHD(注意欠陥、多動性障害)と判断するには安易ですが、3つの症状に当てはまる事が他にも多ければ可能性はあります。

 

 

また幼少期は一度ADHD(注意欠陥、多動性障害)と診断されても、成長により症状が変化したり良くなったりするので6ヶ月ごとの定期的は診断が必要になるようです。

 

 

ADHD(注意欠陥、多動性障害)の子供に対し強く当たってしまったり、注意を促したり、責めたりしてはいけません。

 

 

ADHDの子供は自分でも感情をコントロール出来ないのです。

 

 

その為、責めたりしてしまうと返って症状が悪化してしまう事もあります。

 

 

ADHDの病気の原因は今だはっきりとした解明はなされていませんが、多くは先天性異常、遺伝子異常と言われています。

 

先天的な脳の機能障害と言われています。

 

その為決してお父さん、お母さんの子育てが間違っていたり、しつけができていないわけではないのです。

 

お父さん、お母さんがADHD(注意欠陥、多動性障害)をしっかりと理解してお子さんとしっかりと向き合い、認めてあげる事が大切です。

 

 

そうすることで本人も認められた安堵感や安心感で、医療機関の受診や内服をしなくても症状が改善したり、無くなったりもするそうです。

 

 

この病気は精神的な安定が一番の薬になるようです。

 

 

 

またADHD(注意欠陥、多動性障害)は脳の前頭葉に伝える神経細胞の異常により、感情を上手くコントロールできない事が原因という研究結果も出ており、その為血流を促す事や、脳内細胞の活性化などが効果があるようです。

 

 

その為血流を促したり、脳内細胞に良いとされるものが含まれたサプリメントなどが多く発売されているようです。

 

 

代表的な成分には「イチョウの葉」や「DHA」、「ホルファチジルセリン」です。

 

 

イチョウの葉血流を促したりする効果があり、DHAには脳の脳内細胞を作り出す効果があり、ホルファチジルセリンには脳内細胞の活性化に効果があるとされています。

 

 

特にADHD(注意欠陥、多動性障害)にはホルファチジルセリンが良いようで近年とても注目をされている成分です。

 

 

大切なお子様の成長はとても楽しく、心配だと思います。

 

 

 

少しでもADHD(注意欠陥、多動性障害)を疑われたらまずはお父さん、お母さんと協力し、お子様との正しい、適切な接し方を心がけましょう。

 

 


関連ページ

7歳で気になる症状が…これってADHD?
落ち着きがない、話が聞けない、集中力がないなどの気になる子供の症状について、考えられる原因や理由はあるのかお伝えしています。
多動性障害の子供について知りたい
落ち着きがない、話が聞けない、集中力がないなどの気になる子供の症状について、考えられる原因や理由はあるのかお伝えしています。
子供が落ち着きがない…これって病気なの?
落ち着きがない、話が聞けない、集中力がないなどの気になる子供の症状について、考えられる原因や理由はあるのかお伝えしています。
多動症の改善方法はサプリメントが手軽で始めやすい
我が子の多動症を改善したいと思っている方も多いのではないでしょうか。その改善方法として最も手軽なのはサプリメントであると言えます。その理由はいったいどうしてなのか?こちらの記事で解説していきます。
子供の集中力を高めるのに良い方法とは?
小学校に行ってから集中力がなく、先生からも注意を受けがちな我が子。ちゃんと集中力を高めて勉強を頑張って欲しいという保護者の方も多いのでは?今回はその集中力を高める方法をご紹介いたします。
子供のADHDとは?その特徴を解説!
最近はよく子供のADHDについて気になる、心配だという保護者の方も増えてます。では普段の子供の様子からADHDの特徴というのはどんなものなのか解説していきます。