ADHD ストラテラ

ADHDの薬「ストラテラ」について解説!

ADHD,コドミン,ストラテラ,副作用,子供

 

ストラテラはADHDの症状を改善する薬です。

 

医師から処方される薬なので、薬局等で購入することはできません。

 

ADHDの人は脳の中でも順序立てた行動をコントロールする役割をもつ前頭前野部分に障害があると考えられています。

 

 

ストラテラを服薬することで、障害がある前頭前野部分に多く存在する神経伝達物質「ノルアドレナリン」を活性化させたり、「ドーパミン」の代謝を調節する働きがあることから、ADHDの症状を改善させると推測されています。

 

 

ストラテラはアメリカで発売開始された薬ですが、現在は日本でも処方されています。

 

 

ただし、6歳未満の子供への安全性と有効性は不明です。

 

 

 

ストラテラは医薬品ですが、即効性はなく、毎日飲み続けることで効果が現れる薬なので、ADHDの改善にも少し時間がかかります。

 

具体的には約2週間で症状の改善が見られるようになり、6〜8週間で安定した効果が得られます。

 

しかし、症状が改善されたからと言って、自分の判断で勝手に服薬を中止することはできず、必ず医師への相談が必要です。

 

 

ストラテラに副作用は?

 

ストラテラはADHDに有効な医薬品ですが、副作用もあります。

 

 

子供を対象にした研究で報告されている副作用は頭痛、食欲減退、傾眠、腹痛、吐き気等です。

 

 

成人を対象にした研究で報告されている副作用は頭痛、食欲減退、傾眠、口の渇き、吐き気等です。

 

 

また、子供から大人まで対象とした研究で報告されている重大な副作用には肝機能障害、黄疸、肝不全、アナフィラキシーなどもあります。

 

 

重大な副作用につきましては、どのくらいの頻度で起こるかは不明です。

 

 

また、まれにではありますが、服薬直後に激しく興奮したり、攻撃的になったり、自殺したくなる気持ちを生じる場合もあります。

 

 

ADHDに効果がると実証されていても、上記のような副作用があるとすれば、自分の子供に服薬させるのは少し抵抗がありますよね?

 

 

 

ADHDに効果があり、副作用のない「コドミン」というサプリメントがあります。

 

コドミンの主成分は、副作用があるストラテラではなく、ホスファチジルセリンという成分です。

 

ホスファチジルセリンは大豆を原材料としている為、副作用の心配はありません。

 

 

アメリカの研究で、100mgのホスファチジルセリンを3か月、200mgのホスファチジルセリンを2か月投与したところ、ADHDの症状が改善されたという結果が出ています。

 

 

 

また、コドミンは健康食品GMPの認定をもつ国内優良工場で生産されています。

 

これは、医薬品と同じレベルで製造・品質管理が行われているということです。

 

そこまで徹底されていたら安心ですよね?

 

 

ただし、原材料が大豆となっていますので、大豆のアレルギーをお持ちのお子さまには与えるのを見送るか、医師に相談してからにして下さい。

 

 

コドミンの公式サイトには、さらに詳しく成分について、安全性について、副作用についてなど詳しく載っていますので、ぜひ確認してみてください!

 

 

 

>>【コドミン】の公式サイトはこちら

 

 


関連ページ

ADHDの治療をするにはどんな方法があるのか知りたい。
ADHD(注意欠陥・多動性障害)を何とか改善したい。こう思われる方も多いと思います。ではADHDを治療するにはどんな方法があるのか見ていきましょう。
ADHDの原因はどんなものが考えられる?
ADHD(注意欠陥・多動性障害)という発達障害の一種はどんなものが原因と考えられるのでしょうか。今回はその原因についてみていこうと思います。
ADHDの診断テストにはどんあものがあるのか?
自分の子がADHD(注意欠陥・多動性障害)の疑いがあった場合、その診断テストはどんな事をするのでしょうか?不安に思っている保護者の皆様はぜひご覧下さい。
ADHDは遺伝するのか?
もし子供がADHDだったら、自分から遺伝したのか、または子供から将来の孫まで…ADHDは遺伝するのでしょうか?という素朴な疑問にお答えします。