ADHD 診断 テスト

ADHDの診断テストにはどんあものがあるのか?

子供,ADHD,コドミン,診断,テスト

 

授業中座って先生の話を聞いていられない、落ち着きがない、すぐ癇癪を起こすなどの症状がみられたらそれはADHD(注意欠陥、多動性障害)かもしれません。

 

その為、自分の子供はどうかしらと心配になる親御さんも多いのではないでしょうか。

 

 

そこで専門の機関に早期に相談し、ADHDの人の特性をわかり、早期にサポートする事によって症状をかなり軽減する事が出来ます。

 

 

継続的にサポートを続けて行くには、検査や診断テストで状態が分かった方が専門的な目線で症状を把握でき、周りの人のサポートもより密に受けられます。

 

また近年は発達障害者支援法ができたり、法や制度がとても整備され、診断や検査で受けられる支援・治療が多くあります。

 

ADHDのための検査や診断を受ける事により本人はもちろん、周りもADHDについてより理解する事ができます。

 

 

そのため発達障害やADHDはどのように検査や診断が行われるのか詳しく説明していきたいと思います。

 

 

 

ADHDの診断テストの詳細は?

 

発達障害の診断は国際的な診断基準が使われている事が多いようで、アメリカ精神医学会の診断基準である『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』第5版)や、WHOの診断基準である『ICD-10』(『国際疾病分類』第10版です。

 

しかし診断基準は、医療機関や医師がどこの診断基準を元にするかによってカルテや診断書に使われる名称が違う事もあります。

 

医療機関での診断を受ける時は症状について医師が問診、行動観察をし、問診を参考に心理検査や発達検査をします。

 

 

その結果で国際的診断基準の『DSM-5』や『ICD-10』の診断基準を満たしているか、日常生活、社会的生活などを総合的にみて診断します。

 

 

 

ADHD(注意欠陥、多動性障害)などの発達障害は、日常生活なとで周りとの調和なとで不自由が出たりして初めてわかる事が多く、障害の種類や程度、性別日常より発症する年齢や特徴も異なります。

 

しかしだいたい3歳くらいに幼稚園や保育園に通うようになり集団生活をするようになると周りの子供達とのちょっとした違い、コミニケーションの取り方、言葉の発達などの遅れなどで分かるようになってきます。

 

 

その為、園からの指摘で相談機関や医療機関を紹介される場合があったり、3歳児検診などで医師から指摘を受けるお子さんもいます。

 

また表情の乏しさ、視線が合わないなどもADHD診断テストの参考になります。

 

 

しかしながら乳幼児期は成長過程で症状が軽減したり無くなったりする事があり、一度出た診断もやり直し、診断が変わる事も少なくありません。

 

ADHD、発達障害の症状ははっきりとは目に見えにくく認知度も未だに高くは無く、周りからの理解やサポートが遅れたり、見過ごされたりし、本人の症状が悪化してしまうケースもあります。

 

また症状の診断が大人になって初めて気づかれたり、診断が下される事もあります。

 

 

症状が一定期間以上持続することが診断の条件のため、一度だけで無く何度か検査、経過を繰り返して診断される事もあります。

 

検査には問診として行動観察、生育歴を見て、その後発達検査があります。

 

 

 

発達検査は子どもの心身の発達の度合いを調べる検査のことで、医療機関により検査内容は異なるようです。

 

 

 

他にも医療機関により様々な検査があるようですがお子様に医療機関に連れて行ったり、検査をさせる勇気がまだ持てない親御さんの為に子供の落ち着きをサポートするコドミンというサプリメントがあります。

 

 

まだ診断までは踏み切れない方は、一度コドミンを試してはいかがですか?

 

 

>>【コドミン】の公式サイトはこちら

 


関連ページ

ADHDの治療をするにはどんな方法があるのか知りたい。
ADHD(注意欠陥・多動性障害)を何とか改善したい。こう思われる方も多いと思います。ではADHDを治療するにはどんな方法があるのか見ていきましょう。
ADHDの原因はどんなものが考えられる?
ADHD(注意欠陥・多動性障害)という発達障害の一種はどんなものが原因と考えられるのでしょうか。今回はその原因についてみていこうと思います。
ADHDは遺伝するのか?
もし子供がADHDだったら、自分から遺伝したのか、または子供から将来の孫まで…ADHDは遺伝するのでしょうか?という素朴な疑問にお答えします。
ADHDの薬「ストラテラ」について解説!
ADHD(注意欠陥・多動性障害)に処方されるこのストラテラについて解説します。ストラテラには副作用はないのか?子供に処方しても良いの?などなど気になる点に関してもお伝えしていきます。