ADHD 遺伝

ADHDは遺伝するのか?

子供,ADHD,遺伝,コドミン

 

ADHDとは、先天的な脳の機能障害により不注意、多動性、衝動性の3つの問題行動が見られる発達障害のことです。

 

ADHDの症状は昔からありましたが、障害という認識がありませんでした。

 

問題行動や対人トラブルを引き起こしてしまう症状から、親の愛情不足やしつけの問題、育て方が悪いからだと言われてきました。

 

 

実はADHDが障害と認識されてから、まだ30年弱しかたっていないので、まだ研究中で解明されていないことも多くあります。

 

 

先天的な脳の機能障害ということなので、遺伝が関係あるのではないかと研究されている方もいらっしゃいます。

 

アメリカのある研究によると、両親のどちらかがADHDの場合、子供がADHDになる確率は最大50%だそうです。

 

 

しかし、これは「遺伝」というより、「家族性」や「環境」が原因ではないかと考える方もいらっしゃいます。

 

 

つまり、両親が太っている家庭で、子供が太るのは、「太る体質が遺伝した」のではなく、「太る食事」や「運動をしない生活習慣」などの環境が原因であるという考えと似ています。

 

 

ということは、改善する余地があるということではないでしょうか?

 

 

 

親がADHDの場合、子供を妊娠中にできる予防策としては、禁酒、禁煙があります。

 

 

特にたばこは、副流煙でも赤ちゃんに影響がありますので、パパも禁煙に協力しましょう!

 

妊娠中にママが葉酸のサプリメントを摂取すると先天性異常のリスクを減らせるとも言われています。

 

 

ADHDは先天性の脳の機能障害が原因ですので、出産後に予防することはできませんが、少しでもリスクを減らすために、出産後も禁煙に努めましょう。

 

また、授乳中の飲酒も避けた方がいいです。

 

飲酒はわずかでも、母乳に影響しますので、赤ちゃんにとっては多い量になる場合があります。

 

 

もしADHDの症状が見られた場合は、対策をし、周りのサポートが重要になってきます。

 

まず親がADHDを受け止め、なるべく子供を褒めてあげてください。

 

評価されることでうつ病やパニック障害、対人恐怖症などの二次障害を防ぐことができます。

 

 

ADHDの子供向けの「コドミン」というサプリメントもあります。

 

コドミンはADHDに効果があると実証されているホスファチジルセリンを主成分としています。

 

 

アメリカの研究では、発達障害の子供にホスファチジルセリンを100mgずつ、3か月間投与したところ、症状の改善が見られたそうです。

 

 

ホスファチジルセリンは大豆から成分を抽出していますので、副作用の心配もありません。

 

ただし、大豆アレルギーのある方は摂取を避けていただくか、医師の診断を受けてから摂取してください。

 

コドミンは子供でも食べやすいようにラムネ味のタブレットになっています。

 

 

 

特に症状が特にひどくない場合は、サプリメントの摂取で様子を見てもいいかもしれませんね。

 

キャンペーン中の今なら60日間の返金保証がついて、初回980円で購入することができます。

 

送料、決済手数料も無料ですので、お気軽にお試しください。

 

 

 

>>コドミンの公式サイトはこちら

 

 


関連ページ

ADHDの治療をするにはどんな方法があるのか知りたい。
ADHD(注意欠陥・多動性障害)を何とか改善したい。こう思われる方も多いと思います。ではADHDを治療するにはどんな方法があるのか見ていきましょう。
ADHDの原因はどんなものが考えられる?
ADHD(注意欠陥・多動性障害)という発達障害の一種はどんなものが原因と考えられるのでしょうか。今回はその原因についてみていこうと思います。
ADHDの診断テストにはどんあものがあるのか?
自分の子がADHD(注意欠陥・多動性障害)の疑いがあった場合、その診断テストはどんな事をするのでしょうか?不安に思っている保護者の皆様はぜひご覧下さい。
ADHDの薬「ストラテラ」について解説!
ADHD(注意欠陥・多動性障害)に処方されるこのストラテラについて解説します。ストラテラには副作用はないのか?子供に処方しても良いの?などなど気になる点に関してもお伝えしていきます。