ADHD 原因

ADHDの原因はどんなものが考えられる?

子供,ADHD,コドミン原因

 

ADHD(注意欠陥、多動性障害)の詳しい原因はまだしっかりとは解明されていないようですが先天性の障害、遺伝子異常の問題があると言われています。

 

 

ADHDの症状が現れる時期はその人その人で違い、現れてからも診断されるまで先程も述べたように大人になってから分かる人もいるので、きちんとした医療機関できちんと診断されなければ明確には分からない事が多いです。

 

 

ただ生後間もなくでは診断はかなり難しく、自我が芽生える2歳位からの診断が可能とされています。

 

 

そして3歳くらいから大抵幼稚園、保育園に通うようになり集団行動をするような時期になると、自律や社会のルールを守らなければならない事を覚え、その頃に周りの同年齢の子供達とのとの違いや発達の差を感じら分かる事もあります。

 

 

また3歳児検診もこの頃あるので医師より指摘を受ける事もあります。

 

 

更に小学校にあがると周りの子供達との違いがはっきりと分かるようになってきます。

 

 

小学校ともなれば授業になりますから座って先生の話を聞かなければなりません。

 

集団で物事を考えたり、作成したり、話し合ったりする授業もあるでしょう。

 

そんな時にADHD(注意欠陥、多動性障害)の子達は顕著に症状が現れると思います。

 

 

 

したがってADHDの診断は7歳以降が一番診断がつけやすいという事になります。

 

 

 

本題に戻りますがADHD(注意欠陥、多動性障害)の原因は医学的にまだはっきりとした解明はされていませんが、遺伝子的な脳の機能障害と環境的要因の二つの説はあるようです。

 

 

脳の機能障害として、前頭葉は行動をコントロールする機能があるとされ、そこに何らかの神経系に働きかける異常があると上手く行動をコントロール出来ずにADHDの症状がでるのだと言われています。

 

 

ADHDの方は五感への刺激を敏感に感じ取る傾向があるようです。

 

 

それも前頭葉の働きが弱く考えるよりも早く五感が刺激を感じ取ってしまい、感覚の方が早く過剰に反応してしまう事により理論的に考えたり集中する事が苦手だったり、時には癇癪を起こしてしまうのだと言う傾向にあるようです。

 

 

また近年の研究により遺伝子要因の他、胎児期、発育期の環境要因も影響があるという研究がなされていて、まだはっきりとした研究結果は出ていないようですが様々な方向から研究が進められているようです。

 

しかしながらまだまだ関連を調べている最中で、はっきりとした解明はされていないのが実情のようです。

 

 

ただ親の子育てが悪いとか、しつけがなっていないからというのは誤解のようです。

 

 

ADHDのお子様にはむやみに怒りつけたり、押さえつけたりすると余計悪化します。

 

 

お父さんやお母さん、周りの大人はなるべくADHD(注意欠陥、多動性障害)について理解し、大らかな気持ちで接してあげるのが良いようです。

 

 

まだまだADHD(注意欠陥、多動性障害)は知られていない、理解されていないのが実情です。

 

なるべく広くADHDが知られ、理解されていくのが今後の課題でしょう。

 

 

ADHDのお子様やADHDの方などの落ち着きをサポートするとサプリメント「コドミン」という商品も出ていますので、気になった方は是非公式サイトも覗いてみて下さい。

 

 

>>【コドミン】の公式サイトはこちら

 

 


関連ページ

ADHDの治療をするにはどんな方法があるのか知りたい。
ADHD(注意欠陥・多動性障害)を何とか改善したい。こう思われる方も多いと思います。ではADHDを治療するにはどんな方法があるのか見ていきましょう。
ADHDの診断テストにはどんあものがあるのか?
自分の子がADHD(注意欠陥・多動性障害)の疑いがあった場合、その診断テストはどんな事をするのでしょうか?不安に思っている保護者の皆様はぜひご覧下さい。
ADHDは遺伝するのか?
もし子供がADHDだったら、自分から遺伝したのか、または子供から将来の孫まで…ADHDは遺伝するのでしょうか?という素朴な疑問にお答えします。
ADHDの薬「ストラテラ」について解説!
ADHD(注意欠陥・多動性障害)に処方されるこのストラテラについて解説します。ストラテラには副作用はないのか?子供に処方しても良いの?などなど気になる点に関してもお伝えしていきます。