ADHD 治療

ADHDの治療をするにはどんな方法があるのか知りたい。

子供,ADHD,コドミン,治療

 

ADHDとは発達障害の一つで日本語で注意欠陥、多動性障害と呼ばれ英語でAttentionDeficiHyperactivity Disorderと略します。

 

不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(考えずに行動してしまう)の3つの症状がでる事が特徴です。

 

また発達障害は子供だけの病気ではなく大人でも悩まされる病気です。

 

 

また、自分の子供がそうなんでは?と思っても中々お医者さんにかかったり、医療機関を受診するのに抵抗がある人もいますよね。

 

そんなADHDの治療にはどんなものがあるのでしょうか。

 

 

 

発達障害の原因については先天性異常や遺伝子異常、環境要因など説はありますが、はっきりとした原因の解明はされていないのが実情です。

 

また発達障害、ADHDはまだ完治できるお薬はないようですが、症状を改善する方法はあるようですね。

 

 

ADHDの子供は、脳内の神経伝達物質「ドーパミン」「ノルアドレナリン」が不足気味で前頭葉に上手く働きかけられず、感情のコントロールが上手くいかなくなるようです。

 

そこで、治療に関しては脳内の神経系の伝達物質を活性化させるための薬が使われます。

 

 

それがメチルフェニデートアトモキセチンという薬です。

 

 

 

どちらもADHDの治療薬として承認されています。

 

 

 

しかし先にも述べましたが、ADHDの完治は難しいので内服は継続していなければいけません。

 

 

つまり薬を飲んでいる間は落ち着いた生活が送れるという事になります。

 

 

しかし継続していくうちに症状が緩和し、周りとの調和がとれるようになると精神的にも落ち着き集中力が強まり、自信が持てるようになるという事で薬の服用をやめても生活にも大きな支障をきたす事なく過ごす事が出来るようになる人もいるそうです。

 

 

ですが…やはりお薬なので副作用も出る事もあるそうです。

 

 

口の渇きや食欲不振、吐き気、便秘、不眠、頭痛、体重減少などです。

 

 

もしADHDの薬で効果が見られない場合は、症状に合わせて気分安定薬や抗精神病薬、抗うつ薬などを使う事もあるようです。

 

医師の指示に従って正しい服用が大切で急に服用をやめたり、過剰に摂取したりするとかえって症状が悪化する場合もあるので気をつけましょう。

 

 

ADHDは心理・社会的治療が優先になるようで、周りのサポートがとても重要のようです。

 

その上で内服の併用となるようです。

 

 

しかしお薬や治療となるとやはりとても構えてしまいますし、薬の副作用も気になりますよね。

 

 

そんな時にまだ治療に踏み切れないで悩んでいらっしゃる方がいましたら、まずは安心のサプリメント、コドミンからはじめてみませんか?

 

 

サプリメントなら大きな副作用もなく安心して試せます。

 

 

コドミンは落ち着きをサポートする大豆から抽出された成分がたくさん配合されているためADHDに効果があるとされています。

 

 

まだ治療に悩んでらっしゃる方がいたら一度コドミン公式サイトをご覧下さいね。

 

 

 

>>【コドミン】の公式サイトはこちら

 

 


関連ページ

ADHDの原因はどんなものが考えられる?
ADHD(注意欠陥・多動性障害)という発達障害の一種はどんなものが原因と考えられるのでしょうか。今回はその原因についてみていこうと思います。
ADHDの診断テストにはどんあものがあるのか?
自分の子がADHD(注意欠陥・多動性障害)の疑いがあった場合、その診断テストはどんな事をするのでしょうか?不安に思っている保護者の皆様はぜひご覧下さい。
ADHDは遺伝するのか?
もし子供がADHDだったら、自分から遺伝したのか、または子供から将来の孫まで…ADHDは遺伝するのでしょうか?という素朴な疑問にお答えします。
ADHDの薬「ストラテラ」について解説!
ADHD(注意欠陥・多動性障害)に処方されるこのストラテラについて解説します。ストラテラには副作用はないのか?子供に処方しても良いの?などなど気になる点に関してもお伝えしていきます。